土を混ぜて干して種蒔き

ミミズ堆肥と生ゴミ堆肥、落葉堆肥、玉子の殻のすり潰し粉を昨年の土に混ぜて日干しした。

トイレットペーパーの芯を切った自作ポット、昨年出来た巨大化オクラから採れた種を蒔いて発芽待ち。

きゅうり苗は買った、継ぎ木なしの1番安い苗の80円なのでうどんこ病や連作障害やらが心配ではあるけどハマれば普通に育ちそうではある、何事もトライアンドエラー。

今年のターゲットは屋上部門でオクラ、きゅうり、ミニトマト、土が余ればスナップえんどう、ニラ、にんにく、バジル。

昨年から放置継続中のリボーンベジタブルのネギ、回収漏れてなんか勝手に生えてきていた里芋もある、追肥くらいはするかな。

半日陰部門はミョウガ、アスパラガス、大葉。

堆肥を作り続けてるけど植えたい物に対して土の量が追いついてない、土の追加購入も考えるべきなんやろか?

土嚢袋は2年目に入る、紫外線で分解されだしてきてるからおそらく2年使用が限度かな?半日陰は紫外線ダメージも減るのでもう少し長くいけるかもしれない。

ミョウガ、ニラ、アスパラガスなんかは翌年以降から継続収穫できるらしく植え替えや土のリセットが省けるという、手間削減にそそられまくっている、ネギなんかもそうなんやろか?目立って虫も寄り付かんみたいやし、そういう点もかなりそそられる。

低予算ベランダ農園運営としては経費削減と手間暇削減出来る農作物を激推ししていく方針。野菜としてスーパーで買うと高いけど育てたら破格化するバジル、大葉なんかも推したいところやけど、あいつらハーブのクセに虫に好かれまくるんがネックよな。

昨年のミョウガ苗が活きていた

2袋中の1袋分は越冬出来たようで芽が出た、もう1袋は残念ながら水切れしたのかまだ芽が出てこないのでおそらく全滅、植え直す必要がある。

ってかこれミョウガよな?

袋の下の方から出てるのは昨年の根っこから出てきてるからミョウガやろけど…まぁええか、そのうちわかるやろ。

生ゴミ削減法のもう一つ、落ち葉堆肥

生ゴミというか枯れ葉ゴミが大半を占めてるけど、夏場はトウモロコシの皮とか芯、枝豆の皮なんかが生ゴミとして大量に出るからビニール袋に枯れ葉、米ぬかひとつかみくらいと一緒にぶっ込んで適当に水かけてる、半年ほどで腐葉土に生まれ変わる。

家庭菜園の苗からも次々と落ち葉が出てくるし、家の軒先にも何処からか枯れ葉が集まるからそれらを燃えるゴミ収集に出してたら結構な量になる、ビニール袋とヌカ、水だけで土に変わってくれたらホームセンターで腐葉土やら園芸土やら堆肥やら買わんで済むからお得ね。

たまに混ぜてやらんとならんのは手間やけどな、大した作業でもないしコレはしゃーない、最悪混ぜなくてもある程度湿ってればいつかは土に変わる。

家庭菜園は秋冬になると前シーズンの枯れ葉と枯れ枝、枯れた根っこなんかが大量に出る、コレも乾かして細かくして混ぜ込むと腐葉土化する、葉っぱより分解に時間がかかる。

枝豆とかトウモロコシとか塩茹でしとるから多少塩分入ってまうけど別に気にしない、多分大丈夫じゃね?元々濃くても3%とかそのへんの濃度のお湯で茹でてるわけで、更に茹でられてる本体にしたら確実にそれ以下の濃度になるわけやし全体としてはホンマに少量になるし大丈夫大丈夫、なんか苗植えたら水も小まめにあげるんやから塩分も染み出して海に帰れ、帰り給え。

ゴミ焼却炉で燃やす時に水分多い生ゴミが減ったらわざわざ燃料使ってゴミ燃やさんでも済むから生ゴミ減るのが最重要やけど、そもそも燃やさなあかんモン減ったらいいよね、落ち葉堆肥にしたら燃やす事もなくてCO2全然出ぇへんのやな。もう最近やったら落ち葉で芋焼く事も無いからな。

ぬか床、土嚢袋キエーロ、発泡スチロール箱ミミズコンポストに続く超ローコストなゴミ削減の4本目の柱やな、枯れ葉堆肥のビニール袋。

コンポストのミミズ

先に結論だけ書くと、ミミズコンポストは混ぜないほうが良さそうやで?って。

発泡スチロールを這い登るのは結構太い、釣餌であるミミズちゃん熊太郎のスーパー太虫に入ってたヤツの生き残り、または後継者か?

冬の間は土嚢袋キエーロがあんまり活発ではなさそうなのと、秋冬春に増えて堆肥増やしておかないと夏本番のミミズ達の避暑地がないので最近家庭で出る生ゴミはミミズコンポストに入れてる。でもミミズが柑橘類とネギ系を苦手としてるのでそれらは冬でも土嚢袋キエーロにぶち込んどる。あとタンパク質系の生ゴミもキエーロやな、タンパク質の腐敗臭はやたら臭いし耐えれん。

様子見のため少し掘り返すと出てくる、どうやらちゃんと増えている模様。まだ確証はないけど生ゴミと土は混ぜずにそっとしといた方が良さそう。変に撹拌してしまうとアカンかも。

ミミズは紫外線苦手なので明るいトコより暗いトコに行く習性がある、せやから夜間活発に這い出す、あとモグラから逃げる習性がある、やからモグラが来るのに似た振動があったりすると慌ただしく動く、目も耳も無いしな、振動に敏感になるんはわかる。雨の日には多少明るくても土から10匹くらい這い出てる事がある、室内の発泡スチロール箱の中におるのになんで外が雨やってわかるんやろか?湿度でわかるんか?肌感覚か。極端なpHも苦手らしいから卵の殻すり潰した粉末をたまに生ゴミにかけてやるといいみたい、卵の殻アルカリ性らしいから。生ゴミやミミズの排泄物は酸性に向いがちらしいよ?pH調整出来て生ゴミ減らせてタダで土にカルシウムも補充出来るし卵の殻最高や!

なんか、びっくりすると地中からたくさん這い出てきてしまうよ、と他のミミズコンポストのサイトには記載されてたりするんやけど、びっくりってなに?急にフワフワした話になるね。

今回は生ゴミ投入を片側だけに決めて積み上げた、なんとなくミミズの居場所に選択肢がある方がいいかもな、と思ったから。結果的に現段階までは上手くいってるみたい。

生ゴミの腐敗で熱が出るけど上からどんどん生ゴミ入れていけば、ミルフィーユ状に層形成されるから下の方は腐敗反応終わってて冷えてる状態、真ん中らへんは今腐敗してるからホカホカ、上はまだ新鮮な生ゴミで冷えてる状態とキレイな温度グラデーションになってそう。多分上層と中層の間とか中層と下層の間で居心地の良い温度地帯を選んでミミズ達が分布してるんちゃうかと。コレを全体的に混ぜてしまうと居心地の良い温度地帯が失われてしまったり、微生物が空気に触れたりする事で一気に全体が腐敗進んでコンポスト全体サウナになったりってのが起きるのかも…逃場が一切なくコンポスト全体がサウナになってしまったら温度変化に弱いシマミミズは一発で整う事無く死んでまうわな、水風呂の無いサウナか?昨年春や秋冬でも失敗しかけてたのはコレ原因かもしれん。

ゆえにミミズコンポストは混ぜないほうが良さそう。

今後の問題としては片側に積み上げたから箱の容量をフル活用出来ない、ゆえにもうそろそろフタに届いてしまう!フタ閉めるときに押し込む事になるからまだいけるけど、換気の為の空気穴が上部に空けてあるからソコから生ゴミ汁が圧搾されそう、箱外に滲み出てきそうや…

滲み出てくる前にいよいよ温存してた片側に生ゴミ入れてミルフィーユにしたらいいとは思うんやけど水抜き穴の排水能力に若干の不安を感じる。ペットボトルのフタと不織布で水抜き穴作ってるんやけど土の粒子細かすぎ、粘度高過ぎと水の表面張力で水抜けてなくね?

箱の下にコンポストの排水を受ける発泡スチロール箱置いてて、そこにはコンポスト排水(通称ミミション?)が溜まってるので全く抜けてないわけではなさそう、ほなコレでいいのか?心配要らんか?水が溜まり過ぎるとミミズが溺れ死にますとか他サイトに書いてたけどええんか?ウチのミミズ、フタ開けたらしょっちゅう水溜まりで泳いどるのを目撃するんやけどホンマに溺れる心配したほうがいいんか?

片側埋まったらもう片側作戦で箱内温度に選択肢を生めばミミズもいい感じのトコに移動して生息するやろし、コレでいい気がしてきた、お前は出来る子や!うん、いける!勝つ!勝たん!

あと、なんか他のサイトでは園芸土みたいな土も入れてて、なんなら土を掘って生ゴミを投入、そして土を被せますとか書いてる、虫がわかないようになんやろけど手間増えて面倒臭そう、マメな人多いのね?ワイはなるべく手間少ない方が好きですけど、フタ空けてポイして蓋閉めるくらいがいい。更に埋める場所を一回ごとに変えて1周間で一回りしますとか書いてる…それ出来るんて結構規模デカくない?掘って生ゴミ入れて土被せるって土深くない?土めちゃ多くない?庭付き?富豪?大富豪?ベランダしかないウチでは無理やわそれ。ブロッコリーの発泡スチロール箱でなんとかやらせてよ?虫?ピレスロイド系スプレー2〜3プッシュしたらあかん?春先までなら虫あんまおらんから生ゴミ投入をそのへんまでに抑えときゃいいんでは?多分3月らへんで土嚢袋キエーロが活気づいてきそうやし、そっちに切り替えていけ。

せやから、キモになるんは何月まで生ゴミ投入するか、やな。腐敗の発生熱と真夏の暑さが合わさったらサウナ化してミミズすぐ整わず死ぬし大量のミミズが死ぬとタンパク質腐敗で尋常でない悪臭になるからな、あの臭い辛いぜ。

まだ涼しい5〜6月までが生ゴミ投入の限界かもな、6月からは完全に細切り新聞紙と霧吹きに切り替えていくしかない、卵の殻のすり潰し粉末も熱出さないからいいんかも?

んで冬が近づいたらまた生ゴミ投入開始や。

ミミズコンポストのみでの運用は夏場かなりシビアな気がするから土嚢袋キエーロと併用したほうがいいよ、キエーロは夏強い、強過ぎ、そのかわり冬はゆっくりさせたってくれ。

このミミズコンポスト運用の研究はまだまだ続くけど、ひとまず冬メイン方式、土混ぜない片側積層方式をワイは推す。

ニンニクの芽

スーパーで買った中華ニンニクが小さな芽を伸ばしてたので手元で空いていたいかにも適当な容器に入れて水をやったら逞しく発芽、発根してました。室内とはいえ、こんな寒い季節に発芽発根してしまう辺りは流石滋養強壮スタミナ食材、いや、もしかしたらこんな逞しく発芽するから滋養強壮にいいんちゃうかって連想でスタミナ食材化したんか?あれ、これ因果と結果入れ替わってるパターン?

まぁいいや、問題はコレのこの後は何時までも擬似的な水耕栽培してるわけにいかず、ちゃんと土に植えないと大きくならんやろなっていう事、土を用意して、適切な温度管理の元で育てて最後は食べたいってのが人情、親心ってもんですか?確かニンニクって6月辺りが植え時やったから完全に季節外しとるわけやな、まぁいけるやろ多分。知らんけど。販売されているニンニクの芽は実は芽ではなく花茎という部分、つまりニンニクの芽というのは嘘。知らんけど。

アリシン!


きゅうり収穫

きうりの初収穫。

サイズ的に良さそうやったから収穫したけど味的にはもうちょい先?瑞々しいと言えば瑞々しいが水分多いからフニャっとした食感や。

スーパーで売ってるきゅうりを参考にすると先っぽの花の名残りが取れる頃なんかな?あとでネットで調べるか。

里芋も葉っぱが大きくなってきていい写真が撮れる。

アゲハ蝶が来た。

いいじゃん。

ミニトマトも早く赤くならないかなー

ミミズちゃん熊太郎

なん縦…

太虫とスーパー太虫の違いが知りたくて…

ホンマ言うと欲しかったのはレギュラーやけどもういい、近所には無いみたいやから諦める。

すでに容量が違う、スーパー太虫デカい。

開封前やと個体のサイズ感はそれほど感じない…

開けてぶちまけてみた、右はスーパー太虫、左太虫。

確かに違いはあるけども!

スーパー太虫の細いやつと太虫の割と太いやつはほぼ一緒やな、なんなら太虫の太いやつはスーパー太虫の細いやつより太いなんて事もある、割合でいくと確かにスーパー太い気もする。

太さはそこまで明確に変わらないけど平均値出したら確かにスーパー太虫や。

ちなみに今回太虫(尼崎市餌専門店サワムラ480円)は36匹、スーパー太虫(フィッシングマックス武庫川店682円)は45匹入ってた、値段パー質量のバランスはそこそこながらFM武庫川店は太虫もほぼ同額なので買うならスーパー1択となるわな、コンポストでも釣り餌でも。

 

釣り餌民にはほぼ関係ない事やけどコンポスト民には有り難いミミズの卵がスーパー太虫には入っていた、適当に流し見してたけど6~9個くらいありそう。

ほとんど憶測になるけど海釣り主流の両店舗でゴカイイソメがありながら、ちゃんとミミズ取り扱いがあるのはミミズが商品管理的なにタフなのとそこそこの釣果がある事、そしてそうは言ってもロスが出ないように3~6パック在庫で通常回していながらでもスーパー太虫は卵が散見されるくらいには回転が低い事も伺える、確かに釣り餌には太虫でも足りそうではある、しかしながらFMは価格差20円程度でしかないので本来ならスーパー太虫1択にもかかわらず控え目な国民性で太虫を選択してしまう日本人がFMの存続を助けているのではないだろうか?

ミミズの卵はレモン色。

自分はコンポスト民なのでフィッシングマックスのスーパー太虫を選ぶけど太虫でいいならサワムラやな安いし。

コンポストで増えたら釣り餌としても使うさ。

ミミコン試しでやったら床材と生ゴミの比率完全に間違えて新しい家族8割死んだから熊太郎で追加や、やっぱ最初から熊太郎で良かったんやな、腐敗生ゴミ触って手がうんこみたいな臭いやわ…

めちゃ臭いのになんかこの臭いずっと嗅いでられるわ…

ミミコンサイトに似たような記事あったから曝すわ

https://niigatamimizu.com/1146/